わずか11席の小さな店ですが、だからこそご提供出来る味わいがあります。四季折々、旬を感じる最高の魚を最高の目利きでご提供します。時には築地にも滅多に入らないような珍しい魚や貝に出会えるかもしれません。築地にお越しになった際には、本物の魚と職人のみが醸し出す驚きと感動をぜひ当店でご体験ください。

Authentic Japanese Food

Seasonal Recommendations旬のイチおし

「牡蠣(カキ)」

 

寒さが厳しくなるほど美味しくなってくる牡蠣。
一般には年明けの1~2月が牡蠣の旬と言われています。南北に長い日本列島ですから多少ずれがありますが、春から夏の産卵に向け、いままさに栄養をため込んでいる牡蠣は、この寒さの厳しい時が一番美味しく食べられる時となります。
しかし、牡蠣では、旬と同じかそれ以上に大切なことがあります。
それはどこで採れたのかということ。つまり産地です。

牡蠣をはじめとした貝類や、海老、蟹など、その場をほとんど動かない魚介類は、気候や海水、海流、海の栄養、流れ込む川といった産地の条件に成長が大きく左右されます。
なかでも牡蠣は産地によって味が、まったくといっていいほど異なるのです。

日本の牡蠣の出荷量は圧倒的に広島が多く、毎年65%前後。宮城、岡山を加えると3県で全体の8割を超えます。
しかし実は、牡蠣の養殖をしているところは24〜29道府県もあるのです(年度による)。

気候も海の条件も全く違うところで育った牡蠣は、面白いくらいに味も違います。
例えば、北海道の昆布森、長崎の小長井は、どちらも築地での評価の高い産地となりますが、味わいは全く違います。
どこが一番か、では無く、それぞれに特長があり、美味しさの種類もまたいろいろです。
そんな美味しさの種類を楽しめるのも、日本中から牡蠣の集まる築地ならでは、といえるでしょう。

「千秋」「千秋はなれ」では長年の付き合いのある仲卸から、間違いなく美味しい最高の牡蠣を、日々目利きしながら仕入れています。
栄養満点で美味しくて、しかも個性が楽しい牡蠣。
二つの産地の生牡蠣の食べ比べを始め、さまざな牡蠣料理をご用意して、皆様のご来店をこころよりお待ちしております。

Newsお知らせ

  • 2017-2-15

    営業再開のお知らせ

    お客様各位

    いつも魚河岸三代目 千秋をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

    この度、料理長の怪我のために一時的にお店を休業させて頂いておりましたが、17日(金)のお昼より営業を再開させて頂きます。

    お昼はしばらくの間はご用意させて頂くお食事の種類や数量を限定しての営業とさせていただきます。

    また、夜に関しましてもしばらくはご予約のお客様のみ、人数にも制限を掛けさせて頂きながらの営業となります。

    昼、夜ともに、いつもよりお料理をお出しするのにも、お時間を頂戴するかもしれません。
    お客様にはご不便をお掛け致しますが、重ねてご理解を賜ります様、お願い申し上げます。

    平成29年2月15日

    魚河岸三代目 千秋

  • 2017-1-12

    禁煙についてのお願い

    平成29年2月1日(水)より終日禁煙とさせていただきます

    ご理解とご協力をよろしくお願いいたします

    魚河岸三代目 千秋本店

Eventsイベント情報

現在予定されているイベントは
ございません。


Information店舗情報

【営業時間】
11:00~14:00(LO13:45)
17:00~23:00(LO22:00)
土曜の夜は~22:00(閉店) (LO21:00)
【定休日】
日曜、祝日
【座席数】
カウンター11席
【カード】
夜の部のみカード可(VISA・MASTER)
 

Access/Reservationアクセス・ご予約

魚河岸三代目 千秋
東京都中央区築地4丁目7番5号 築地KYビル 1F

※カウンター11席の小さなお店ですので、夜ご来店の際は出来るだけご予約ください。

お問い合わせやご予約などはお電話で

※ 千秋は築地KYビルの中ではありません、ビルの裏手です。

03-3549-3334