「美味しい魚を肴に、美味しいお酒と楽しい会話が楽しみたい。」そんなご要望にお応えすべく、ゆったりとしたテーブル席から掘りごたつ式の座敷、そして静かな個室まで、ご用意いたしました。「築地ならではの驚きのある魚料理」の数々にご自身はもちろん、味にうるさいご友人にも「さすが築地」とご満足いただけること請け合いです。また魚の知識豊富なサービススタッフのおもてなしも当店の自慢です。

Authentic Japanese Food

Seasonal Recommendations旬のイチおし

「貝」

水ぬるむこの季節、春から初夏にかけて多くの貝類が旬を迎えます。
産卵期に向け栄養を蓄え身が充実し、味が深く旨味が増してくるのです。

味が良くなるー旨味成分が増えるということでもありますが、
貝の旨味成分はコハク酸によるもの。
有名な、グルタミン酸(昆布のうまみ成分)やイノシン酸(かつお節のうま味成分)ではないんですね。
まさに貝類独特。他ではなかなか味わえない旨味で、複雑でほんの少し優しい苦みを感じるかもしれません。
そこにそれぞれの貝の香り、海の香り、潮の香りが加わって、上品な美味しさを生み出しています。
一口食べて、旨い!!というようなストレートな旨味ではありません。
特に刺身で味わうとその思いを深くします。
噛みしめるとじんわりと口の中から立ち上がってくるような複雑で奥深い旨さ、なまめかしい食感や鼻に抜ける香りは
ちょっとエロティックで官能的。大人の味と言えるかもしれません。

もちろんこの季節の貝類は、焼いても酒蒸しなんかも美味しい。少し火を通した方が甘みが出て、さらに美味しくなる貝も多いですし、アサリやハマグリから出る出汁は、旨味甘みそして香りが最高です。サザエのコリコリ感も堪りませんね。
余談ではありますがコハク酸、日本酒にも含まれています。
だから貝類と相性が良いのかもしれません。これも大人のーー酒飲みだけですがーー楽しみですね。

さて、実は貝類の中でもホタテには産卵期ならではの楽しみがあります。
ほとんど知られていませんが、ホタテの真子(卵)と白子が絶品なんです。
最盛期にはあの大きな貝柱よりずっと大きくなります。
赤いのが真子、白いのが白子です。
しかし本当に鮮度が良くないと食べられないので、この美味しさを知る方は少ないでしょう。
どちらも刺身で食べるとねっとりとした旨味が本当に最高〜です。ちょっとした禁断の味。
ただし、量に限りがありますので、たくさんはご提供できません。
「千秋」の「旬の一押し」の中の「一押し」です!!

「千秋」「千秋はなれ」では、このホタテを中心に、ホッキ、白ミル、サザエ、トリ貝、アオヤギ、ハマグリなど
常時3種類以上、「味の旬」の貝をご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。
入荷状況によってはチャンバラ貝や石垣貝などのちょっと変わった貝類に出会えるかもしれませんよ。

旬のイチおし画像

Newsお知らせ

Eventsイベント情報

「千秋はなれ」の月例イベントは、毎月第4土曜日に開催いたします。
※都合により変更になる場合がありますが、その場合は改めてご案内いたします。


千秋はなれ 4月の月例イベントのお知らせ

概要

いつも「千秋」「千秋はなれ」をご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

毎月第4土曜日に行っております「千秋はなれ」のイベント、
今月のテーマは
『目には青葉、貝と春菜(はるな)、初鰹』
と題しました。

もちろん、元ネタは山口素堂の名句「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」です。
それをちょっと変えたのには理由があります。
桜が終わると、生命力が溢れる新緑の季節です。
冬の間じっとエネルギーをためていた春菜は、成長のための栄養と害虫などから身を守る成分がほろ苦さの中に凝縮されています。そのため春菜は栄養豊富な上、抗酸化作用があると言われています。
また、春夏に産卵期を迎えるものが多い貝類は、厳しい冬を越えて水ぬるむこの季節、栄養を、蓄え身が充実してきます。
日本近海を北上する初鰹は「上り鰹」とも言われ、秋に南下する「戻り鰹」に比べ、みずみずしい爽やかさがあり、江戸の時代から珍重されてきました。
様々な初物を追いかけた江戸時代には初物ランキングがあり、その中でも初鰹は唯一の「極上上吉」にランクされた別格だったようです。単に初物好きの江戸っ子、と言うだけでなく「初物喰いは七十五日寿命が伸びる」といわれるように春のパワーを身体に取り込みたい、という事だったのでしょう。
『目には青葉、貝と春菜(はるな)、初鰹』
若さ溢れる初鰹、産卵を前に身が充実する貝類、生命力が凝縮された春菜、この三つを合わせます。
命をいただく、という、ことを実感する
この時期ならではの、まさに自然からの贈り物。
自然の恵みをご一緒にいただきましょう。

ご家族、ご友人とお誘い合わせの上
御予約のほどよろしくお願いいたします。

詳細

  • 場所:築地魚料理「千秋はなれ」
  • 日時:2017年4月22日(土)18:30より
  • 会費:8,000円(税込) :予定
  • ご予約:※完全予約制です。 予約電話番号 03-3543-8700

Information店舗情報

【営業時間】
11:30~14:00(LO13:45)
17:00~22:45(LO22:00)
土曜の夜は~22:30(閉店)(LO21:30)
【定休日】
日曜・祝日
【座席数】
48席
【カード】
夜の部のみカード可(JCB・AMEX・VISA・MASTER・Nicos)

Access/Reservationアクセス・ご予約

魚河岸三代目 千秋はなれ
東京都中央区築地4丁目7番5号 築地KYビル B1F

テーブル席やお座敷にくわえ、
個室もご用意しております。
大切な方のおもてなしの席にも最適です。夜ご来店の際は出来るだけご予約下さい。

お問い合わせやご予約などはお電話で

03-3543-8700